サポートNo.1

お客様満足度は98%以上!

害獣駆除 - ブログ

team cheer
年間依頼10万件突破!

害獣駆除・害虫駆除・漏電調査なら

ファーストにお任せください!

自分で行うハクビシン駆除方法はプロに学べ

自分で行うハクビシン駆除方法について解説する女性

ハクビシンは見た目の愛らしさとは裏腹に、私たちの日常生活に思わぬ影響を及ぼすことがあります。家屋への侵入、農作物への被害、そして騒音や衛生問題など多くの人々にとって頭を悩ます存在です。この記事では、ハクビシンがどのようにしてこれらの問題を引き起こすのかを詳しく解説して効果的な対策方法を専門家の視点から紹介します。自分で簡単に実践できる駆除方法や予防策を学び、ハクビシンによる被害を未然に防ぐための実用的な方法を紹介します。

この記事を通じて、ハクビシン対策の知識を深め、日々の生活で直面するかもしれない問題に対処できるようにしましょう。

ハクビシンとは?

家に侵入したハクビシン

ハクビシンは、アライグマに似た愛らしい外見を持つイタチ科の小型哺乳類です。

体長は約50-70cm、尾長は45-65cmで、灰色がかった茶色の毛皮が特徴的で、顔にはアライグマを思わせる独特の模様があり、その愛くるしい表情は魅了されるかと思います。

夜行性で、単独行動を好む動物で主にアジアの森林地帯に生息し、日本を含む広範囲に分布しています。雑食性で、果物、昆虫、小動物などを食べますが、農作物への被害や住宅への侵入により、時に人間の生活に影響を与えることもあります。

ネズミと違って注意すべてき点は、ハクビシンは鳥獣保護法の下で一定の保護を受けているためこの法律は、野生動物の保護と適切な管理を目的としており、無許可での捕獲や殺傷を禁じています。

しかし、ハクビシンが農作物への被害や公衆衛生の問題を引き起こす場合、地域によっては特定の条件下での捕獲や駆除が許可されることもあります。このような場合、適切な手続きを踏むことが法律によって求められています。

なぜハクビシンが問題となるのか?被害の種類をご紹介

ハクビシンが問題となる主な理由は、彼らが人間の生活環境に容易に適応し、様々な形で被害を引き起こすことにあります。以下に、ハクビシンによる主な被害の種類を挙げます。

農業被害

ハクビシンは果物や野菜などの農作物を食べることで、農業に大きな被害を与えます。彼らは食べ残しや糞によって作物を汚染し、収穫量の減少を引き起こすことがあります。

住宅被害

住宅への侵入

ハクビシンは屋根裏や床下などの狭い空間に侵入し、巣を作ることがあります。これにより建物の構造に損害を与えることがあります。

騒音や悪臭

住宅内での活動による騒音や、糞尿による悪臭が問題となることがあります。

公衆衛生の問題

ハクビシンは寄生虫や病原体を媒介することがあり、人間やペットへの健康リスクを引き起こす可能性があります。

生態系への影響

ハクビシンは在来の動植物に影響を与えることがあり、特に小動物や鳥類の卵を食べることで、地域の生態系に悪影響を及ぼすことがあります。

ハクビシンが家に侵入する原因とは?

ハクビシンが家に侵入する原因について注意を促す女性

ハクビシンが家に侵入する原因はいくつかありますが、主に以下の要因が挙げられます。

1. 食糧探し

ハクビシンは雑食性で、特に人間の食べ残しやゴミに惹かれます。家庭のゴミ箱、コンポスト、果樹園などが彼らを引き寄せる原因となります。例えば、ゴミ箱がしっかりと閉じられていない、果物が庭に落ちている、コンポストが露出しているなどの状況は、ハクビシンにとって魅力的な食糧源となります。

2. 巣作りの場所を求めて

人間の住宅は、屋根裏や床下、壁の隙間など、ハクビシンにとって理想的な巣作りの場所となります。これらの場所は、天敵から身を守り、子育てをするのに適しています。特に、屋根裏は隠れるのに理想的な場所で、繁殖期には子育てのための安全な場所として選ばれることが多いです。

3. 生息地の減少

都市開発による自然環境の減少は、ハクビシンが生息地を失い、人間の住むエリアに侵入する一因となります。彼らの自然な棲息地が減少すると、食糧を求めたり、巣を作ったりするために、人間の住宅に近づくことが増えることになります。

4. 季節変動

冬になると、ハクビシンは暖かい場所を求めて家に侵入することがあります。特に屋根裏は、冬の寒さから逃れるのに適した場所です。彼らは寒さを避けるために、家の断熱材を利用して巣を作ることがあります。

5. 侵入しやすい建物構造

窓やドアの隙間、壊れた換気口、屋根の破損など、家の構造上の問題がハクビシンの侵入を容易にします。特に古い家やメンテナンスが行き届いていない家は、ハクビシンにとって侵入しやすい環境を提供します。

6. 人間に慣れている

都市部で生活するハクビシンは、人間の活動に慣れており、人間の近くで生活することに抵抗が少ないです。都市化が進むにつれて、彼らは人間の生活環境に適応し、人間の住宅を巣や食糧源として利用することが増えています。

これらの要因を踏まえ、ハクビシンの侵入を防ぐためには、ゴミの管理を徹底する、家の隙間を塞ぐ、食物を外に放置しないなどの対策が有効です。また、定期的な家のメンテナンスを行い、侵入しやすい箇所を修理することも重要となります。

自分でできるハクビシン駆除の方法

ハクビシンを安全に駆除する主な方法は、生け捕りの罠を使用することです。これはハクビシンを傷つけずに捕獲し、適切な場所にリリースするための方法です。また、ハクビシンが侵入する原因を取り除く予防策も重要です。

駆除に必要な道具や材料

生け捕り用の罠

市販されている生け捕り用の罠は様々なサイズと形状があります。ハクビシンを捕獲するためには、中~大型の罠が適しています。

設置のポイントとして、罠はハクビシンの通り道や出没する場所に設置するのが基本で屋根裏や庭、家の周辺が適しています。

餌(果物や缶詰など)

ハクビシンは特に甘い果物や缶詰に惹かれるため、バナナ、リンゴ、ペットフードなどが効果的です。

餌は罠の奥に置くことで、ハクビシンが罠の奥まで入るように促します。

保護用の手袋

野生動物は予測不可能な行動をとることがあり、ケガのリスクや病気を媒介する可能性もあるため、捕獲時には保護用の手袋を着用することが重要です。

手袋の種類は厚手の革製または頑丈な布製の手袋が適しています。手や腕を保護するために、長めの手袋を選ぶと良いでしょう。

運搬用のカバーまたは布

捕獲したハクビシンを運搬する際には、罠をカバーや布で覆うことで動物を落ち着かせ、ストレスを軽減させることができます。

なるべく通気性のある素材を選び、ハクビシンが十分な空気を得られるようにしてください。

駆除の流れ

1,罠の設置

ハクビシンが頻繁に出没する場所に生け捕り用の罠を設置します。屋根裏や庭などが適しています。

2,餌の設置

罠の中に餌を置きます。ハクビシンは果物や甘い食べ物に惹かれます。

3,罠のチェック

毎日罠をチェックし、ハクビシンが捕獲されているか確認します。

毎回、目視での確認が面倒な場合はペットカメラやその他の監視カメラを使用して罠の定期的なチェックを行うこともお勧めです。

4,捕獲後の対応

ハクビシンを捕獲したら、保護用の手袋を着用し、運搬用のカバーで罠を覆います。

5,リリース

捕獲したハクビシンは、適切な場所(地方自治体の指示に従う)にリリースします。


法律に関する注意点

ハクビシンの捕獲や駆除は、地域の法律や規制に従って行う必要があります。無許可での捕獲や殺傷は法律違反となる場合があるので注意しましょう。

ハクビシンの弱点についてはこちら記事で深掘りして説明しておりますので

合わせて読んでいただければと思います。

ハクビシンの弱点をプロの駆除業者が暴露します

自分でできるハクビシン侵入の予防策

自分でできるハクビシンの侵入予防策について、以下に詳細を説明します。これらの対策は、ハクビシンが家や庭に侵入するのを防ぐのに役立ちます。

1. 食糧源の管理

ゴミの管理

ゴミ箱はしっかりと蓋を閉めて密閉できるタイプのものを使用し、ハクビシンがアクセスできないようにします。

特に夜間は屋内に保管するか、ハクビシンが開けられないように重しを置くなどの対策をします。生ゴミや食べ残しは特に注意をしましょう。

果樹の管理

果樹園や庭に落ちた果物は速やかに拾い、ハクビシンが餌を求めて近づくのを防ぎます。

コンポスト

コンポストもゴミ箱と同様に密閉型を使用し、ハクビシンがアクセスできないようにしましょう。

2. 住宅の物理的な防御

隙間の封鎖

屋根裏や床下への入り口となる隙間や穴は金網やコンクリート、厚板などでしっかりと封鎖します。特に屋根の換気口や煙突周辺は注意が必要です。

換気口の保護

換気口には金網を取り付けるのが有効的ですが、ハクビシンが侵入できない小さなメッシュサイズを選ぶことで侵入を防ぎます。

窓やドアの確認

窓やドアがしっかりと閉まっていることを確認し、必要であれば補強します。

3. 庭の整備

木の剪定

ハクビシンは木を登るのが得意なので、木の枝が家に接触している場合は剪定して距離を取ります。

剪定の際は、家から約2メートル以上離れるように木の枝を剪定しましょう。

庭の清掃

庭に落ちている果物やゴミは定期的に片付け、ハクビシンの餌場とならないようにします。

4. 防獣対策

防獣ネット

庭やバルコニーに設置する防獣ネットは、ハクビシンが通り抜けられない強度とサイズのものを選びましょう。

防獣スプレー

ハクビシンが嫌がる臭いのスプレーは、庭や家の周囲に定期的に散布します。ただし、ペットや人に影響がないか確認をしましょう。

5. 照明の利用

センサーライト

ハクビシンは暗闇を好むため、センサーライトを設置すると、彼らが近づいた際に光が点灯し、驚かせ、侵入を防ぐ効果があります。

6. 教育的な対策

騒音を利用

ハクビシンが侵入しようとした際に、大きな音(拍手や騒音機器など)を出すことで、彼らを驚かせて遠ざけることができます。ただし、これは一時的な対策であり、継続的な効果を期待するのは難しいです。

これらの予防策を実施することで、ハクビシンの侵入を効果的に防ぐことができます。ただし、これらの対策を行う際には、動物の福祉を考慮し、過度な苦痛を与えないように注意が必要です。また、地域によっては特定の対策が法律で制限されている場合があるため、実施前に地方自治体の指針を確認することをお勧めします。

ハクビシン駆除の際の注意点

ハクビシン駆除には、法律の遵守、安全対策、そして適切な後処理が必要不可欠です。

以下にて、駆除の際の注意点を解説します。

鳥獣保護法における制限

法律の遵守

日本の鳥獣保護法は、野生動物の保護を目的としています。ハクビシンはこの法律の対象となる場合があり、無許可での捕獲や殺傷は法律違反になる可能性があります。

地域ごとの規制

地域によっては、ハクビシンの捕獲に関して特別な規制や許可が必要な場合があります。駆除を行う前に、地方自治体に確認し、必要な手続きを行うことが重要です。

安全対策

保護具の使用

ハクビシンは野生動物であり、予測不可能な行動を取ることがあります。捕獲時には厚手の手袋や保護服を着用し、噛まれたり引っかかれたりするリスクを減らします。

専門家の助言

不確実な場合や、大規模な駆除が必要な場合は、野生動物の専門家や地方自治体に相談することが望ましいです。

駆除後の清掃と消毒

清掃

ハクビシンが侵入した場所は、糞尿や食べ残しで汚染されている可能性があります。侵入された場所は徹底的に清掃し、汚染物を除去します。

消毒

ハクビシンは寄生虫や病原体を持っている可能性があるため、清掃後には消毒を行うことが重要です。適切な消毒剤を使用し、特に糞尿があった場所は念入りに消毒します。

再侵入防止

清掃と消毒を行った後、再びハクビシンが侵入しないように、侵入口を塞ぐなどの対策を行います。

ハクビシンの駆除は、法律を遵守し、安全に配慮しながら行う必要があります。また、駆除後の清掃と消毒は、衛生面でのリスクを減らし、再侵入を防ぐためにも重要になります。

ハクビシン駆除をプロに依頼するメリット

ハクビシン駆除をプロに依頼するメリットを感じる女性

家や庭に侵入するハクビシンは、多くの問題を引き起こす可能性があります。自分で対処することも可能ですが、プロの駆除業者に依頼することには、数多くのメリットがあります。

以下にて、プロの駆除業者に任せることの利点や自分での対処が困難な場合にプロに依頼すべきタイミングについてもご紹介します。

駆除業者による駆除の利点

高い専門知識と経験

プロの駆除業者はハクビシンの生態や行動パターンに関する詳細な知識を持っており、これに基づいて駆除計画を立てます。例えば、ハクビシンが活動する時間帯、好む食物、よく利用する侵入経路などを把握し、効率的な駆除戦略を策定します。

適切な機材の方法で駆除を行う

プロの駆除業者は駆除に必要な適切な機材を持っており、最も効果的な方法で駆除を行います。これにより、ハクビシンに不必要な苦痛を与えずに済みます。

法律遵守

専門家は地域の法律や規制を理解しており、違法にならないように駆除を行います。

安全性の確保

ハクビシンは野生動物であり、時に危険を伴うことがあります。駆除業者は安全な捕獲と駆除を行うための訓練を受けています。

後処理と予防策の提供

駆除後の清掃、消毒、再侵入防止策の提案など、トータルなサービスを提供します。

いつプロに依頼すべきか

大規模な侵入や被害がある場合

多数のハクビシンが侵入している、または広範囲に及ぶ被害がある場合は、駆除業者の介入が必要です。

自分での対処が困難な場合

ハクビシンの捕獲や駆除に自信がない、または適切な機材がない場合は、プロに依頼するのが安全です。

法律や規制が複雑な場合

地域によってはハクビシン駆除に関する法律や規制が複雑で、駆除業者の知識が必要な場合があります。

再発防止を図りたい場合

ハクビシンの再侵入を防ぐための効果的な対策を講じたい場合、駆除業者は適切なアドバイスの提供を受けることが可能です。

プロに依頼することで、ハクビシン駆除を安全かつ効果的に行うことができます。また、法律を遵守し、動物福祉に配慮した方法で駆除が行われるため、安心して任せることができます。

まとめ

本記事を通じて、ハクビシン駆除の重要性とその実践方法について理解を深めていただけだと思います。専門家の知識に基づく効果的な対策と、日常で容易に実施できる予防策を組み合わせることで、ハクビシンによる問題を効率的に解決し、快適な生活空間を保つことが可能です。この情報が、ハクビシンとの共存を目指す一歩となり、皆様の生活に役立つことを願っています。

関連記事